歯ブラシ

親知らずのリスク

リスクの高い親知らずの定期検診

歯を検診する上で歯科現場でもよく注視される部位と言えば、一番奥の方にある親知らずの部分です。この部分は歯ブラシも行き届きにくいため、最重要と言われている個人でのケアが不十分になりやすい傾向にあります。そのため、非常に虫歯のリスクが高い箇所として昔から知られています。こうした特定の部位を予め虫歯に至らないようにするため、各医院で対策・処置が行われています。有名なのは抜歯なのですが、せっかく生えて来た健康的な歯を丸々抜いてしまうと言う事に違和感を覚える人も少なくありません。そこで、親知らずと上手に付き合いながら生活する道を選ぶ人には歯磨きの指導が主に行われます。歯科では特に親知らずを抜いていない人の歯をしっかり検査してくれる事がありますので、親知らずの健康が維持できているかどうか、定期的に検診してもらう事を推奨します。

個人のケアで補えない部分だからこそ診てもらう

歯科医院では、親知らずがただ虫歯になっているかどうかを確認しているだけでは終わりません。今後、歯周病等の他の病気に繋がる恐れがあるかどうかについて予測をしてくれます。どう言った検査で分かるのかと言うと、主にかみ合わせや歯の傾きによって判断しています。上下で全くかみ合っていないようなバランスの悪い状態だと、今後病気に掛かるリスクが高まってしまうのです。歯磨き自体が困難で時間が掛かるようになってしまう側面もあるので、油断出来ない点です。奥歯までしっかりと行き届く専用の歯ブラシを使用したり、磨き方を工夫するなど、個人でケアの方法を変化させるなどしなくてはなりません。時折、成長過程で噛み合わせが変化する事もあるので、大人になってからでも忘れずに歯科で親知らずをじっくりと診てもらう事が大切です。