歯ブラシ

予防で出来る事

治療から予防の時代へ

一昔前までは歯科に行くと言えば虫歯治療を想像していたのではないでしょうか。痛くなってから行くところと言った感じでしょうか。 しかし今は痛みがあって行くわけではなく、どこも悪くないが定期的に健診に行く方が増えています。3か月、半年サイクルでチェックするのです。普段きれいに歯を磨いていてもどうしても歯石がついたりするものです。それがもとで歯や歯茎の病気になることもあります。歯の痛みが全身に影響を与えるとも言われています。たかが歯と侮ることはできません。歯のメンテナンスを行うことで一生自分の歯でものを食べたいものです。 又最近では歯の美しさにこだわりを持つ方も増えてきています。歯のホワイトニングや歯列矯正をすることです。特に歯並びは美しさだけでなく噛み合わせの問題も解決してくれるのです。

失敗しない歯科選びのポイント

歯の治療、定期健診、審美歯科、どれにしても歯科と長いつきあいになることでしょう。そのためには自分にあった歯科を選ぶことが大切です。 自分にあった歯科を見つけるためのポイントがいくつかあります。 まずはインターネットなどを利用して情報収集してみてください。口コミサイトでの評判、歯科のホームページなどから情報を得ることができます。 自分の通院目的分野を得意とする歯科を探すことも大切です。審美部門に強いのかインプラント専門医なのかなど、あなたの重視する分野の専門医がいると安心です。 衛生部分もチェックが必要です。病院だからきれいでしょと思われるかもしれまえんが減菌滅菌設備の充実度や医療器具がパッケージ化されているかなども確認しましょう。 歯科では保険適用治療の他に適用外の治療をすることも少なくありません。費用や治療法の説明のしっかりできる先生であれば間違いないでしょう。